美術館でポーセリンアート!4月10日〜16日東京都美術館にて。


4月10日〜16日の7日間、東京都美術館にて “21世紀アート ボーダレス展” が開催されています。

こちらの展示会は、21世紀におけるジャンルを越えたアート、クラフトの交流振興と市民生活への浸透、次世代への継承をテーマにした展示会です。
展示会のコンセプトの通り、様々なクラフトやアート作品が展示されているので、ポーセラーツファンや、ハンドメイド、ハンドクラフトが好きな方におすすめです。

キャプチャ

また、この展示会には東京千代田区のポーセラーツ・ポーセリンアート教室「アトリエブラン」が出展しています。美術館で出展されるポーセリンアートは珍しいので、とても注目されています!

アトリエブランは、有志の生徒11名とポートレートで著名な先生をお招きして13名で出展しています。
今回の展示会は、ポーセラーツと彩色チャイナ、ヨーロピアンチャイナを組み合わせた『新しいポーセリンアートの世界』を表現されているそうです。

当日は、作品の展示だけではなく、ポーセリンアートやレースドール、エッグアートなどのワークショップも複数開かれます。さらに、日本刺繍のデモンストレーションなども開催されます。

faキャプチャ

ポーセラーツの講師や、教室の主催者、インストラクターを目指す方、にもぜひ足を運んでほしいイベントです。

東京都美術館ならではの、一味違うポーセリンアート。春満開な今、東京都美術館へ足を運んでみませんか?入場料も無料なのでお気軽にお立ち寄りください。

21世紀 ボーダレス展 2017
会場 東京都美術館  2F 第3展示室
会期 4月10日〜16日 9:30~17:30(入場は17:00まで)
   *最終日は12:30まで(入場は12:00まで)

詳細は、公式ホームページでも確認できます。

情報元:http://21art.jp