「和のぬくもりを感じる」和柄でつくるポーセラーツ作品!


今回は、日本人ならではの「和」を感じられるポーセラーツをご紹介します。

和柄といえば、鶴・鞠・桜・扇etc…..たくさんのモチーフがありますよね。

キャプチャ
欧米の煌びやかなイメージとは違いますが、和柄は日本人ならではの、繊細さやきめ細かさが散りばめられていて、最近では和柄の転写紙の需要も高まってきています。
また、和柄を用いた食器はお正月やひな祭りなど、日本特有の沢山のイベントで大活躍!
行事のお祝いをきちんと行なう日本人だからこそ、和食器は自宅に置いておきたいマストアイテムですよね。

そして何より、実は、和柄は縁起の良いモチーフばかりなんです。
こちらのページでは詳しく解説されていますが、たとえば、春の訪れや新春のモチーフとして「梅」柄。
富や身分の高さの象徴として「牡丹」柄など。

自宅用のみならずギフトなどにもとてもおすすめです!

なかなかポーセラーツで和柄を作る機会は少ないかもしれませんが、実際に探してみると人気サロンでも素敵な和の作品が複数紹介されています。

こちらは都内を代表する有名サロン「銀座COCO」のブログからお借りしました。

o0640042413984169087
o0414030113983760413
色合いや繊細な柄や模様は、西洋の食器とはまた違うイメージに仕上がりますね!

和柄のマグカップやティーセットなどは店頭でほとんど見かけない商品なので、ポーセラーツでの作りがいも増しそうなアイテムです。また、和柄の小皿にお菓子をのせれば、お菓子の見栄えもワンランクアップします。

是非、今年の夏はポーセラーツで「大人可愛い和食器」に挑戦してみてくださいね!!

 ⇒ 全国にはこんなにたくさんのポーセラーツ教室があります