イメージが膨らむ!ポーセラーツのオススメ本の紹介


ポーセラーツ好きの皆さん。
いつもどんな風に作品のデザインを考案していますか?

転写紙を決めながらイメージを膨らませる方、デッサンしながら考える方、既製品の画像を見ながら考える方、ふとした時に天からデザインが降ってくる方……作品イメージの考案ルートって、本当にさまざまです。

有名教室・人気教室の熟練の先生方は、湧水のようにデザイン案が湧いてくるという方もいるようですが、まだポーセラーツ経験が少ない方の場合はそうもいきませんよね。

そこで、
・何か作りたいけどイメージが膨らまない!
・いつも同じようなテイストに仕上がってしまう..
・たまにはガラリとイメージの異なる作品に挑戦してみたい
という方にお勧めしたいのが、ポーセラーツの本を眺めてみることです。

いろんな作家さんの作品が載った著書は、まるでポーセラーツ図鑑のようです♪
自分ひとりではたどり着けないようなデザインがたくさん掲載されているので、マンネリ化してしまった心に刺激も与えてくれますよ。

ポーセラーツのおすすめ本というコーナーでも紹介しているのですが、本当に良く売れています。
まず目を惹くのがこの表紙の作品!圧巻ですよね、すごいです。


◼︎暮らしを彩るポーセリアンアート 絵付けに恋して30年

51p1dK3sF3L._SX377_BO1,204,203,200_


◼︎ポーセリン・アートの装飾テクニック ー和洋のモチーフ50点と技法解説ー

513SF7mvBGL._SX372_BO1,204,203,200_
この2冊はポーセリンアートの本なのですが、参考になるはずです。
また、厚みのある大型本なので、一度では読み切れないほどの充実した一冊となっています。