「第6回 日本キルンアート協会コンクール&作品展」が開催!


「第6回 日本キルンアート協会コンクール&作品展」が今年も盛大に開催されました!
毎年恒例となっているこちらのイベントですが、今年は、日本キルンアート協会周年企画「KilnArt Festa 2018」内のイベントとして大々的に開催♪
テーマは「Anniversary ~私の○周年~」
周年企画にふさわしいテーマの作品の数々が一同に集結しました!

1111111

転写紙部門、手描き部門などの計7部門にて作品を募集し、応募総数は約300点と、多くの方がエントリーされました。出展作品は会を重ねるごとに進化を見せると評判!
さまざまな技法で表現された個性豊かな色とりどりの作品の数々からは、キルンアートの魅力が溢れ、来場された多くの方にキルンアートの素晴らしさを伝えていました。

それでは、約300点の応募の中から選ばれた、各部門の大賞をご紹介いたします!

総合グランプリ

周年イベントを記念して設けられた「総合グランプリ
各部門より選考され、今回は転写紙部門から選出されたこちらの作品が受賞いたしました。

Happiness

01

大好きな場所で大好きな人と過ごす幸せな時間をイメージして作成したというこちらの作品。
まるで刺繍で作られたようなデザインが、ひときわ目を引きますね。
大好きな色と大好きな誕生花を使って作ったそうですよ。
「考えているだけでも幸せな時間。きっとこのティーセットで過す時間は想像以上に素敵な時間になるでしょう」と作者はコメントしています。

転写紙部門

転写紙の技法をメインにした実用的なティーセット作品。

大賞 母親になって20年 パート1

02

転写紙部門の大賞に選ばれたのは、白と濃紺のコントラストに大輪の薔薇が映えるこちらの大作。
息子さんが20歳になり、同時に親となって20年。
親として子供に接してきたことをテーマに作品に仕立てました。
こちらの作品では、子育てのモットーであった「しつけ/常識のある人に」を表現されています。
整然と並ぶバラと、美しいデザインから伝わるものがありますね。

手描き部門

手描きの技法をメインにした装飾品としてのプレートまたはプラーク(陶板)、プラーク額セット作品。

大賞 A Moment of Happiness ~私の結婚20周年~

15

結婚20周年を記念してデザインされたこちらの作品が手書き部門の大賞に選ばれました。
指輪の交換やカサブランカのブーケをイメージされて描かれたそうです。 プレートの周囲を彩る清々しいターコイズと、金彩が神聖さを醸し出していますね。
結婚式の、あの時の気持ちを呼び覚ます素敵な作品です。

ふたもの部門

手描き・転写紙のいずれかをメインにした装飾品としてのふたもの作品。

大賞 Anniversary 私のポーセラーツ10周年

26

初めてポーセラーツを作った時の感動を思い出し、転写紙だけで作成されたこちらの作品。
絵が苦手でも転写紙マジックのおかげでお気に入りの作品をたくさん作ることができた、そんな喜びを作品に仕立てました。
美しく分解再構成され、手の込んだ作品に仕上げられています。
蓋と内側の色の違いも計算されていて、細やかな発想がうかがえます。

———————–

入賞された作品は、テーマがはっきりしたものが多かったとの総評もあり、意図をもって作り上げることの大切さを学ばせていただきました。

ここでご紹介した以外にもたくさんの優秀な作品が受賞されています。
キルンアートのサイトで公開されていますので、ぜひチェックしてくださいね♪

日本キルンアートコンクールの受賞者が発表されると、今年も残すところあとわずかだなあ、とそんな気持ちになります。

一年の総まとめともいえるコンクール&作品展。
素晴らしい作品の数々に、キルンアートの目覚ましい発展を感じることができました。

来年のコンクール&作品展はどのようなテーマになるのでしょうか?!
楽しみを胸に、キルンアート界のさらなる発展を期待しております♪