キャプチャ焼成とは、電気炉や窯を使って高温で焼くことです。

ポーセラーツは、転写紙を貼るなどした白磁を、最後に電気炉で焼成することで作品が完成します。
焼成には様々な手順や確認事項があり、空焚き、温度、時間、白磁の種類、色・焼成回数などによって出来上がりは大きく変わります。

そのため最初の頃は、思い通りの色に焼きあがるか、色の発色は綺麗にでるか、ひび割れなどはないか、など、電気炉の蓋をあける時の緊張感は誰もが体験するものです!

近年では用途や予算、使用環境に合わせた多くの種類の電気炉が発売されているため、以前より気軽に電気炉を自宅に置けるようになりました。(⇒電気炉についてはこちら

また、電気炉がなく自分で焼成ができない場合でも、全国に多数の「ポーセラーツ焼成請負サロン」がありますので、誰でも安心てポーセラーツを楽しむことができます。

⇒ ポーセラーツサロン・教室検索