【デザイン集】盛りタイル小|ポーセラーツインストラクター課題


今回のカリキュラム「盛りタイル小」は、3回の焼成が必要な作品です。

盛りタイル小の制作手順は、まず単色転写紙を使ってタイルに色面を構成して焼成、次に盛り専用の材料を使って加飾し焼成、さらに上絵の具や金液で装飾を施していくという流れになります。

盛り自体の作業で必要なのは、白盛りを使って絵の具を練ることと、スタイラスと筆の両方を用いて盛りをおこなうこと。なるべくバリエーションに富んだ装飾をすることで、のちのち「盛りの見本」として使えるようにしておくと、便利に作品を活用することができますのでおすすめです。

手間がかかるので、制作前に尻込みしてしまうかたも多い課題ではありますが、この課題を終えた生徒さんがそろって口にするのは達成感の大きさ♪どんな作品ができるのか、楽しみにしながら作品作りに取り組みましょう!

盛りタイル小のデザイン|繊細さが魅力♪

この「盛りタイル小」は、すべての条件を満たすデザインを考えるには少々時間がかかりそうな課題とあって、サロンにあるお手本通りに作る方がとても多い課題となっています。

もちろん、オリジナルデザインで作ることも可能!盛りの美しさを活かす繊細なデザインを考える楽しみは格別です。先生と相談しながら素敵な作品に仕上げましょう。

人気デザインの盛りタイル小

 Nplus12445039820
N+plus

このデザインは、全国のポーセラーツサロンでたくさん制作されている、人気のデザインのひとつです。以前、盛りに使う材料が「レイズドペーストエナメル」から「白盛り」に変更になった際、インストラクターにスキルアップセミナーの受講が義務付けられました。そのカタログに掲載された池田幸先生の作品がこのデザインの作品でした。

タイル中央にくりぬかれた円の白と周囲の盛りが組み合わされて、まるでレースのコースターのよう。小さな花束も繊細かつ瀟洒な仕上がりで、品よくまとまっていますね。

作品をよく見ると、様々なタイプの盛りが施されていることが分かります。盛り剤の練り具合や粘度、盛り剤の種類によって、盛りの仕上がりはさまざまにその表情を変化させます。色盛りに使う色によっても練り具合は変わってくるもの。適切な練りに必要なコツをしっかりと掴むことが大切ですね。

SweetRose12500100056
Sweet Rose

このお写真は、上の作品と同じデザインの色違いを制作している様子です。

段階としては、ちょうどスタイラスを使っての色盛り作業が一段落しようかといったところ。これから2度目の焼成をし、そのあとに金彩を加えていきます。
すると、上の作品のような金盛りを含んだ作品が完成するのです

ベースカラーに使用されている単色転写紙を変えるだけで、こんなに全く違った雰囲気の作品になるんですね!また、盛りの硬さドットの大きさによっても作品のイメージはガラッと変わりますので、今後の作品のためにも、ここで盛りを自在に操れるようにしておきましょう。

バスケットモチーフが素敵な盛りタイル小

magnifique12321790553
Magnifique

こちらも、先ほどの作品と同じく、池田幸先生デザインの作品です。

中央には、より一層華やかさを増したバスケットアレンジが。単色転写紙をくりぬいている部分の形も、シンプルな円形からレベルアップしていますね。
また、タイルの四隅にあしらわれた盛りの模様も、4か所とも同じデザインの対称模様ですから、仕上がりにばらつきが出ないよう、作業の丁寧さが求められるデザインとなっています。

具体性のあるモチーフを描く楽しさと、きっちりと模様を再現する楽しさの両方を味わえるデザインといっていいでしょう!

盛りのお花が可愛らしい盛りタイル小

BlancPoterie12330061884
Blanc Poterie

そしてこちらも、多くの方が制作されている、テキスト掲載のデザイン

ベースカラーの転写紙の色を変えると全体の印象が大きく変わりますが、この作品は皆さん、お花の盛りに使うカラーを自由に変えていらっしゃいます。
写真右の作品のように、葉っぱ部分の色を統一したり、お花も同じ色のお花をかたまりごとに配置したりという方法もありますし、写真左の作品のように、全体の色味を転写紙とリンクさせながらレイアウトする試みも素敵です。

joyeux12358395076
coffret joyeux

また、こちらの作品は、金彩部分以外のお花は3か所ともすべて、同じ配色で制作されています。葉っぱのカラーを淡いグリーンの転写紙と合わせたことで、お花がさらに際立っていますね。

パーティーライクな盛りタイル小

usakuma366
うさくまサロン

この作品は、うさくまサロンの先生ご本人が、インストラクターカリキュラムに取り組んでいた時に制作されたもの。この作品の面白さは、単色転写紙を複数使っているところです。さらにストライプ柄の部分をガーランド型にカットして金盛りを施すことで、まるでお花屋さんの店先のようなワクワク感が感じられるところです。

2連のネックレスのようにも見える金盛りのラインと、ピンクのお花が華やかさをアップ!
春を感じる配色と、お花のマッチングもカンペキですね。

優雅さが魅力の盛りタイル小

regalo12451427546
Regalo

Regaloの生徒さんは、盛りが大好きという方がたくさんいらっしゃるそうで、盛りの作品バリエーションも豊富。アール・ヌーヴォーのような植物モチーフが、優雅でロマンティックな作品です。

淡いブルーと白盛りのさわやかな組み合わせに、グリーンとピンクの蔦デザインが軽やかですね。さらに、中央のモチーフにはゴールドが重点的に用いられており、高級感も感じられます。

落ち着いたゴージャス感の盛りタイル小

 bloom12496839746
bloom

金縁の鏡のようにも見える、オーバルが印象的なデザインの作品ですね。

オーバルをぐるりと取り囲んだ太い金彩のラインには、あらかじめ盛りが施されているため、レリーフのような凹凸が浮き上がって見えています
その外側には、アンティークフレームのようなエレガントなデザインが。

中央のお花を構成している色盛りも繊細で美しく、丁寧な仕事ぶりが垣間見れる作品となっていますね。

関連記事はこちらです

今回ご紹介した「盛りタイル小」のデザインは、課題に課せられた条件もあって繊細なモチーフを使ったデザインが多めになっています。
教科書通りのデザインを再現することで技術向上に努めるもよし、オリジナルのデザインを考えることで技法ありきのデザイン力を磨くもよし、さまざまな取り組み方ができる作品ですので、皆さんも、ご自身の目指すものに応じた作品づくりを楽しんでみてください☆

デザイン集記事の一覧ページはこちら
>>>『【デザイン集】ポーセラーツインストラクター課題(目次)』

ポーセラーツインストラクターに関して、詳しくは以下の記事でご紹介しています。
是非ご参考になさってくださいね♪

>>>『ポーセラーツインストラクターのカリキュラム課題とは?』
>>>『ポーセラーツインストラクター資格とは』