”今っぽい”韓国雑貨風のポーセラーツが気になる


ここ何年かで、街の雑貨屋さんでもよく見かけるようになった、韓国風雑貨。
一筆書きで書かれた文字や、シンプルだけどどこかゆるいイラストなど、こなれたテイストが魅力的ですよね。

o1080162015012126136
ポーセラーツサロンpapillon

インテリア雑貨や食器に”韓国風”を取り入れて、これから迎える春をもっと楽しくしてみませんか?作品に流行を取り入れたい方や、これまでと違ったジャンルに挑戦してみたい方は要チェックです!

編集部が今注目している、韓国風ポーセラーツ作品をその特徴と併せて、ピックアップしてご紹介します♪

韓国風雑貨をポーセラーツで

 金彩盛りはオシャレで華やか

o1080108015061012434
Porcelarts salon NINA

ひと筆書きの文字とモチーフに、くすみ色の組み合わせがとってもオシャレ!韓国っぽさあふれる、可愛いペアプレートです。

文字とモチーフ部分は、盛りの上に金彩が施されています。ぽってりとした厚みに、ゴールドの高級感が加わって華やかな見た目になりますね。

こちらの作品では、文字の部分が屋号になっています。名前や好きな言葉を入れて、さらに自分らしさを表現できますよ。
ナチュラルなインテリアアイテムと組み合わせて写真を撮ると、より雰囲気が出せるので、SNSでも”いいね”がもらえること間違いなしです!

 o1080162015014123308
ポーセラーツサロンpapillon

レース柄と金彩の盛りが美しい、どこかクラシカルで上品なティーセットですね。グレイッシュな淡いトーンの単色転写紙の上にレースが重なって、エレガントな雰囲気を醸し出しています。

韓国風の場合、アクセントの金彩モチーフは詰め込みすぎず、余白を持たせるのがそれらしくするためのポイントです。どこかにひとつ、さりげなく入れることで、こなれ感を演出してくれます。

同じ転写紙を使って、プレートとカトラリーをお揃いにすれば、おうちカフェもお店仕様に様変わり!フルーツの乗ったショートケーキや、韓国スイーツ定番のトゥンカロンがよく似合いそう…色違いやイラスト違いで作りたくなりますね♪

ゆるめのイラストでかわいらしく

o1080121815071725028
La chouchou

人気の韓国雑貨では、チャーミングでほっこりするイラストが多く使われています。こちらの作品は、テディベアといちごの絵柄にスカラップのフリルが合わさった、どこか懐かしい甘めでキュートなデザインです。思わず胸がきゅんとしてしまいますね。

ゆとりを持たせた詰め込みすぎない配置によって、イラストの可愛らしさが引き立っています。

1 (1)
ネコ

こちらの転写紙では、思わず肩の力が抜けてしまいそうな可愛らしいネコのイラストと、チョコミントカラーのギンガムチェックがセットになっています。細かなチェックやドット、細めのストライプ柄も、韓国雑貨でよく見られます。

イラストは1匹ずつ切り取って使うもよし、チェックの転写紙は、四角形や丸形にカットして、単色の転写紙と組み合わせてアーティスティックなデザインにするのもオススメです。

アートな転写紙で取り入れる

o1182157614971857367
新大阪 sweet dish

韓国インテリアでよく見かけるのが、かごやドライフラワーといったアンティーク調のデザインです。こちらは、ロープ転写紙を利用した、落ち着いた雰囲気の水差しです。ロープの転写紙は、メタリックゴールドで、光が当たるとキラキラと穏やかに輝いて、大人かわいく仕上がっています。

穏やかなブラウンカラーの中に、モノクロの鳥かごとタイポグラフィーが入ることで作品全体が引き締まりますね。ピリッとアクセントが効いています。

韓国風のデザインでは、白黒の線画モチーフも特徴のひとつです。

1
スイートスプリング

例えば、こちらはアウトライン転写紙ですが、線の中をあえて塗りつぶさずそのまま貼り付けることで、一気に韓国っぽさある作品をつくることができます。

さきほどご紹介した、チェック柄などと組み合わせたり、くすみカラーの転写紙といっしょにレイアウトするとオシャレに使えますよ。



すでに、一部のサロンではちょっとしたブームにもなっている、韓国風なポーセラーツ作品。

冒頭でご紹介した、韓国風の金盛りデザインでは、盛りの細いラインがとても大切です。盛り絵の具が苦手な方や、初めての方にも分かりやすくコツを教えてくれるサロンが全国にありますよ。

ぜひあなたも、ポーセラーツで新しいトレンドを体験してみてくださいね♪
サロン検索はこちらから。