スクラッチとは、べた塗り絵の具を削ってデザインを描いていくポーセラーツの技法の一つです。
スクラッチは「引っかく」という意味。
ポーセラーツにおけるスクラッチとは、白磁に絵の具をべた塗りし、その絵の具を引っかき白磁の表面を出し、模様を形作る技法を指します。

o0375050014037142745

画像提供 L’allure様

メディウムで溶いた絵の具は、乾燥すると簡単にはがすことができます。
この性質を利用して、マット上絵の具を削ります。
削る道具は、スクラッチ専用の、「ワイプアウトツール」というものがあります。
そういった専用のものでなくても、竹串や綿棒、フォークなど、先のとがったものなら何でも使うことができます。
使う道具の素材によって、仕上がりが変わりますので、使いやすさ、仕上がりの綺麗さで、道具を選ぶとよいでしょう。

スクラッチはマスキングよりも細かい表現に向いています。
ボビンレースや葉の葉脈のような、繊細なデザインを白磁の上に描くことができます。

マスキングやステンシル、転写紙などの他のテクニックと組み合わせることで、表現をグンと広げることができますよ♪

白磁を黒でべた塗りし、レースをスクラッチする作品が人気です。
繊細なレースの模様が、黒に映えとても美しい作品に仕上がります。

コツは白磁全体にムラなく丁寧にスポンジングして、絵の具を綺麗に塗ること。
また、ラインの太さを均一にするよう注意してスクラッチすると、仕上がりが格段と良くなります。