最終回「これからのお教室サロン業スタイル」

これまで隔週で書いてきたこのコラム連載も、ついに最終回。

この数か月、
これを書くのが習慣化していたので、終わってしまうと思うとなんだか寂しいです。。

そもそもこのお話を頂いた時、テーマに少し悩みつつも、
私らしい文章と内容で読者の皆さまに想いを書いて伝えることができるのは…

 

パラレルキャリアしかない!

と、6回の各コラムのテーマも驚くほどすぐに頭に浮かび、
OLとサロン業の両立について綴ってきました。

ちなみに、

OLに限らず、“OL”の部分を皆さんご自身それぞれの状況に置き換えて
読んで頂けたらと思って書いています。

(例えば、主婦やママ業だって立派なお仕事!なので、主婦とお教室を両立させたいなど^^)

IMG_6697 - コピー今の世の中、複数のお仕事を同時にこなす女性も増えています。
働き方に、決まりやルールなんてない!(もちろん法的ルールはしっかり守って)

一昔前は、
サロン主宰=既婚の専業主婦の優雅なマダムが自宅でしているイメージが強かったと思います。

が私自身、全く真逆で、20代後半のまだ独身時代からお教室用のマンションを借りてスタート。

サロン業は、結婚した女性が会社を辞めてするものという固定概念を超え、一つの仕事をしながら同時にお教室サロン業もする!という欲張りな両立スタイルは、ある意味、斬新な新しいカタチ。

 

私がお教室をオープンした2011年には、

まだ、あまり周りにいなかったパラレルキャリア(2足のわらじ)女子や起業女子も
今では、とても多く見かけるようになりましたし、
類は友を呼ぶなのか、パーリュクスの生徒さまや卒業生たちには、パラレルキャリア女子がとても多い!

 

IMG_6661 - コピー「サロン主宰だなんて遠い世界だと思っていたけど、私にもできるのかも」

「先生のおかげで両立してみようと勇気が出ました」

そんな言葉を頂くたびに、
決して遠い存在ではない、いたって普通の女性である私がこうして自分のお教室サロンを持つ夢を叶えているからこそ、頑張れば手が届くという親近感や、

さらに自分で言うのは、おこがましいですが…

これからの時代の一つの新しい働き方のモデルとして、
これから先の新しいお教室サロンのあり方として、

今までになかった新たなサロンスタイルをご提案できているのかな?
と思っています。

これを読んでくださっている方の年齢層やライフスタイルも、多種多様だと思います。

20代、30代、40代…

その年代ごとに訪れる選択肢をどう選び、どの道を進むかは自分次第だし、
もし何かやりたい事を我慢している方がいるなら、できない理由を言うより、できる方法を探すべき。

IMG_3930 - コピー私自身、

アナザースカイな原点(笑)NYでの留学生活から得たグローバルな感性。

秘書時代に得たバランス感覚や察する力。

人生の数々の失敗(笑)から得た、人への思いやりや努力は報われること。

などなど、

一見バラバラに思える全ての経験が一つの線となり、それがカタチになり、パーリュクスという自分にしかできないお教室を運営しています。

平穏な人生も楽しいかもだけど、自分で一から道を切り開いていく人生こそ味があって、私は楽しいと思っています!

 

これを書いている今現在は、パラレルキャリアな私ですが、
この先の将来、その都度ベストな環境になるよう、私もお教室もあり方をどんどん変えていくと思います。

長く愛されるお教室サロンを目指して…

「これを習いたい」よりも「ここで習いたい」

そう思って頂けるよう、生徒さま一人一人との関係を大切に、
居心地のよいお教室サロンであれるようこれからも頑張りたいと思います。

私の拙いコラムにお付き合いくださり、本当にありがとうございました!

■コラム執筆者のプロフィール

東京・目白でポーセラーツ&フラワーサロンPearluxe(パーリュクス)を主宰。
大学在学中にNY留学し、帰国後は外資系企業の秘書を経て、2011年にPearluxeをオープン。
現在は、誰もが知る大手マスコミ企業でOLをしながらサロンを運営しているにも関わらず、平日・土日共にほぼ満席で、特に、インストラクターコースに定評があり、これまで多くの人気卒業生たちを輩出する都内人気サロン。
また雑誌メディア掲載や日本ヴォーグ社のカタログ作品制作担当、ポーセラーツフェスタ2016にも出展し活躍中。

→  このサロンの詳細を見る